Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつ曲り角 ひとつ間違えて…

Posted by Ranko on   4 comments   0 trackback

渡辺真知子の 『迷い道』 は、こう歌う。

「ひとつ曲り角 ひとつまちがえて 迷い道くねくね」

どこをどう間違ったのか。
例えそれがわかったとしても、戻れない道もある。

何だか今まで迷ってばかりで、今もずっと迷走状態。
そんな自分を憎みかけたときに出遭えた言葉。

“誰の助けも得られないと思ったとき、辺りを見まわしてもだめなんだ。
あんたの内側を探してごらん。そこに自分という味方がいるよ。”
―セフティ・マッチ氏の樫の言葉

自分を「敵」だと思わず、先ず自分を味方に付けなければ、
何も始められないのかもしれない、と改めて気づかせてもらった。

「トントン拍子に進んだ」人には、拾う暇がなかったものがあるはず。
「迷いに迷った」からこそ、見つけられるものがある。
「迷うこと」を楽しめてこそ、得られるものがある。

これからも、「迷う」ことを恐れずにいられる自分でありたい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

黒砂糖 says... "うんうん、わかるよ"
私も、ついいろんなことに迷い悩んでしまう。
抱え込まなくてもいいものまで、抱えてしまったり。

でも、「迷う」ということは、それだけ懸命に生きてるからこそなんじゃないかな?と感じたりもするのです。
全てをあきらめてしまったら、迷うことすらしなくなるもの。
その渦中にいる時は、たまらなくしんどかったりするけれど、答えはきっと見つかるはず。
もし、万一答えが見つからなくても・・・・それはそれでいいのかも・・・・よ?


2008.11.10 16:54 | URL | #MMIYU.WA [edit]
Ranko says... ">黒砂糖さま☆"
温かい励ましのお言葉♪ どうもありがとうですm(__)m

私というヤツは、道ばかりでなく人生にも迷いやすくらしいです…(苦笑)。
まあ、「迷える」余裕があるだけいい状態と言えるのかも、
「迷う余地すらない」とこまで行ったらちょっとヤバいんでしょうね(汗)。
そうならないようには、気をつけたいと思っております。

答えが見つかるのは、先のことでしょうけど、
その時、自分がどう思う、感じるのかってのも肝心なんやろな~。
「迷って良かった」と思えるような迷い方が出来れば、と思います。
変な言い方やけど…(苦笑)。
2008.11.10 20:10 | URL | #8kSX63fM [edit]
うんぎゃるまつ says... "いい言葉ですね・・・"
私だって迷ってばかりです。
他人から見ればどうでもいいような事で悩んでウンウン唸ってる・・・
間違っているとわかっていても引き返せないことだってある・・・
でも、それを誰かのせいにするんじゃなく
自分で選んだ道で迷っているなら
それでいいんじゃないかなって思います。
先の見えない不安の中では自信もなくしてしまいそうになるけど
そんな時には立ち止まってもいいよね。
立ち止まる事で見える風景だってあるもんね。


読みかけの本で出会った言葉です。
「悲しい気分の時に一番ふさわしいのは、それが何かを学ぶことだよ。
学ぶこと・・・それだけが唯一、駄目になる事を知らぬものなのだ。」
2008.11.10 20:50 | URL | #- [edit]
Ranko says... ">うんぎゃるさま☆"
おお。これまたいいお言葉を教えてもらいました!
早速メモらせていただきます♪

うん、そう、皆色々悩んで迷ってるのですね。
そういえば、人間不安がないと将来のビジョンも持てないって、
そんな言葉も最近何かで読みました。
確かに、そういうものかもしれない。

ちょっと迷いすぎかな…と思ってもいい。
人よりゆっくりでも、進めればいい。
今更急いだって慌ててみたってどうしようもないんだから。
そんな風に考えられたらいいやって思いました。

色々ありがとう♪
2008.11.11 00:10 | URL | #8kSX63fM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://obln.blog50.fc2.com/tb.php/99-34bc7fba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。