Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキタハヂメと鈴虫コンサート♪

Posted by Ranko on   0 comments   0 trackback

2008.9.6(SAT) @みやのまえ文化の郷 伊丹市立伊丹郷町会館
            旧岡田家住宅・酒蔵

なんちゅー長い会場名でしょう(苦笑)。

さて、行ってきたのでありました。
えーと、またまた長いんですけど(^_^;)、今回は写真も多いので…

まーこれが、極楽浄土な一時でございました♪
とにかくこの長ったらしい(苦笑)名前の会場からして、雰囲気バッチリ。
名前の通りに、店舗を兼ねた住宅で、このコンサートが行われたのは、
その敷地内にある元酒蔵。
お酒の匂いは…しませんでしたが(笑)。
2部制の休憩時間も友人Kと共に、携帯であちこち撮りまくって来ました。


先ず外観が、こんな感じで。↓


旧岡田家住宅・酒蔵 外観


この中に一歩入ると…
ここからは、サムネイルで説明させていただきます。


こんな感じで色んな場所に

↑暗いので、見辛いですが…すみません(汗)。


壷だったり


籠だったり


こんな所にも!


杉玉の下にも!(^m^)


あらゆる場所で虫たちが涼しげな声で私達を迎えてくれました。
街中でありながら、そこはまるで別天地。
こんな環境で聴く、あの「のこぎりの音」………心地悪かろうはずがない!!

いつものように詳しく書いてると、それこそ迷惑行為になるので、
泣く泣く詳細は端折りますが(T_T)
どうしても書いておきたいことだけ、何とか短く(^_^;)抜粋しますと…

先ずは、虫たちと音楽との見事な競演っぷり!
最初は好き勝手に鳴いてた虫たちが、次第に音楽に合わせて
大きく鳴いたり小さく鳴いたり、鳴き止んだり…
奇跡みたいなシンクロを何度も味わわせてくれたのでした。
これは、やろうと思って出来ることじゃないです。
虫たちのお陰で、この夜の感動が倍にも、それ以上にもなったようにさえ思います。

そして、今月13日(もう間もなく!)公開される「パコと魔法の絵本」という映画に、
ハヂメさんは「のこぎり弾きの役」(そのまんまやがな!(笑))で出演されてます。
…それが何故か全身包帯姿らしいんですが…(^_^;)
それじゃまるでミイラ男じゃないか…(笑)。
その映画のテーマ曲(因みに作曲はハヂメさんに非ず。)を聴かせてくれたのですが。
その時、私は多分「生まれて初めて」だったと思います、
音楽を心から楽しみながら涙を流す、という経験をしました。
明るいメロディーなんで、のこぎりの音も楽しかったのに、
それなのに、後から後から涙が出てきて止まりませんでした…
この映画、観に行こうと思います。
ミイラ男…じゃなかった(笑)、「のこぎり弾き」ってどんな役回りか、興味あるし!
ハヂメさんは、ポンキッキーズなんかの子ども番組系で見てる限りは、
少なくとも押尾っちよりは演技力があると思うし…(笑)。

と、つい話が脱線するから、長くなるのだな…(ーー;)
えーと、戻しまして。

この極上の音楽会の最後は、『光のさす方へ』。
ここでまた、涙止まらず…
勿論、アンコールの拍手が起こり、『VIOLA』を弾いてくれました。
ハヂメさんの「のこぎりの音」には、100%泣かされてます。
まるでスイッチが入ったみたいに、涙が出てくる。そんな感じなんです…


そんな素敵な音空間も、始まるまではまた「珍道中」だった私とK(^^;)
めっちゃわかりやすい場所だったにも関わらず、反対方向へ向かって遠回り(涙)。
お陰でギリギリに会場に辿り着いておきながら、会場の一角にお茶屋さん
(と呼ぶほうが相応しい雰囲気のお店でした。)
を発見、ついつい引き込まれてしまったのが既に開演10分前…(^^;)
珍しいハーブティーの説明をお店の方に伺い、色々迷った末に、
私は「ふんわり茶」というセットを頂きました
Kは…何頼んでたっけ?(^^;)


めちゃウマやがな♪(≧▽≦)


…その時、カウンターに座ってた私たちの後ろを、のこぎりが運ばれて行く…
そして、ハヂメさんが…( ̄Д ̄)
「美味しそうですね~♪」って言いながら(笑)。
お店の人に、「休憩の時に飲ませてもらいます~♪」って言いながら!(笑)

…いや、笑い事じゃなかった!
「ハヂメさんが出て行ったということは…もう開演時間!」と言いながらも、
「まあそんなすぐには始まらない」と、暢気にお茶を飲んでたら、
結局、ご本人の後から再入場、というド顰蹙なマネをしてしまったのでした…(T_T)

そうそう…今回、このコンサートにハヂメさんと一緒に出演されてた、
この1月に誠一さんとの「さえずる夜」でも拝見した、
パーカッショニストの池田安由子さん、演奏がめっちめちゃお茶目で楽しい!!
楽器を振ったり叩いたりする様子に、散々笑わせられました(≧▽≦)

そんな、珍アリ笑いアリ涙アリ、な、盛り沢山の一夜だったのでありました♪


☆本公演は、こういう催しの一環であったようです♪↓


こーゆータイトルでした。


ハヂメさんも言ってたけど、「こんな素敵な催しに2度も(ハヂメさんを)呼んでくれた」
企画のいたみホールとそのスタッフさん達に、感謝!







関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://obln.blog50.fc2.com/tb.php/47-6b1c7d4c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。