Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南ビーチFM@7月20日。

Posted by Ranko on   0 comments

おいおい、いったい何日前の話やねん! てなもんですが…
時間を戻すのは私の得意技(?!)でんねん。

何やら、聴ける環境にありながら当日肝心な時に聴き忘れてたという、
それこそ私の専売特許みたいなことをやってしもた方がいたみたいなんで()、
僭越ながら憶えてる範囲で簡潔なレポのようなものをしてみようと思います。

他にも「聴けなかった」「聴き忘れてた」という方々に、
ほんの欠片でも雰囲気を感じ取っていただければ、幸いです。



仕事終わりが10時なもんで、OPからきっちりは聞けなかったのですが…

先ず竹善さんセレクトの曲から。
この日のオンエア曲を今回は竹善さんまだブログに書いておられないので、
(当てにしたらあかんて…)残念ながら曲名は失念(>_<)
…ていうか、確かその後に流れたジングルがフラプラやったんで、
そっちにちょっと意識を持ってかれました(汗)

おおっ、かっちょええ…しかし何かどっかで聴いたようなギターの音が…
と思ってたら、そのギターに重なる、紛れもなきShihoちゃんの声!!

いきなりおいしすぎるーーー!!! てなもんです。(個人的に。)

えー、まぁしかし、それはちょっと置いといて。

そして、しょっぱな読まれたメールが三木俊雄さんて、
これまたおいしすぎる展開でした。

三木さん、「竹善さん、押尾くんこんばんは。」と挨拶されて、
ご自分でメールに「(押尾っちは)おらへん、ちゅーねん!」と、
ご丁寧にツッコミ入れてはりました(笑)。
ええなあ、この関西人的自分ボケツッコミ!!

小曽根さんのNo Name Horsesやソルトなどからの繋がりから、
押尾っちとはアルバム「あんた&わて」(byハロハロ師匠)で、
『あの夏の白い雲』をコラボしたことを述べておられました。
細かい内容は既に記憶が消滅してます、すんません…(泣)

…ていうか、もはやほとんど忘れかけてるので(汗)、
潔く(というのかどうか…)憶えてることだけ書いていくことにします。

肝心の…(ていうか、一応メインはコレのはず)押尾っちのコメント。

何やら、えらいハイテンションでした。
先ずはギターをジャカスカとかき鳴らし…
こんばんは~、押尾コータローでーす!! てな感じの喋り始め。

仕事の帰りに自転車こぎながら聴いてたもんで、
ちょっと落ち着いて聴こうとこの時ちょうどマクドに入ってたんですが、
飲みかけてたコーヒーを吹きそうになって困ってしまった、
そんなノリで喋ってました。多分想像つくと思う(笑)

でも、他に押尾っちが何喋ってたかはきれいさっぱり忘れた!!
(あかんやん!!Σ( ̄Д ̄))
しかし、押尾っちのコメント後の竹善さんの言葉は、
断片的にではありますが(^_^;)、色々おもろかったので憶えてます。

先ずもって笑えたのがこれ、↓↓

竹:明るいのか暗いのか、よくわかんないですねー、この男は。

それは言えてる。(笑)
ステージでは黙ってるわけにいかないので(^^;)、喋ってますけど、
基本的には口数の少ない人ですもんね。

こんなに早口で喋ってるのを初めて聴いた」とも。
確かに、押尾っちは関西人にしては喋るスピード緩いと思う。
…てか、太郎ちゃんが典型的過ぎるとも言え。(笑)

んでもって、情熱大陸での押尾っちのMCに対する、
竹善さんのツッコミがまた秀逸でした!!

竹:(情熱大陸には)9年だか10年だか、ずっと出てるんですよ、
  それなのに「このステージに出れて、嬉しいですー!」とか言ってて、
  お前毎年出てるやんけ!
  って、ステージ袖でツッコミましたからねー、ボク。

いっそ袖でなくステージでツッコんだってください、竹善さん…(笑)

♪翼
♪HEART BEAT!
♪mothr
♪Big Blue Ocean
♪黄昏

この番組でかける曲はいつもは竹善さんによる厳選なるセレクトやけど、
特集につき、押尾っち本人の選曲でのオンエアだったそうです。
『翼』や『HEART BEAT!』については…えーと…確か、
押尾テイストなテクニック満載の曲…みたいなことを言っておられたかと…
あかん、この辺めっちゃええ加減な記憶しかない(汗)
『mother』については「この男の優しさが出てる」と評しておられました
ありがと、竹善さん


そんな(?)竹善さん自身の曲も当然かかるわけですが、この日は…
『Hotel California』 アコースティックバージョン てことで♪
↑このリンク先に収録されてる、liveバージョン。
これまたギターがええわぁ… とうっとり聴いてたら、山弦でした。
ううう…とことん、どこまでもおいしいです、竹善さん!!

女性パーカッショニストのプレイもまた華麗にして秀逸でしたが、
その方の異色な転身っぷりも紹介されてておもしろかったっす♪

ただこの曲を聴いた時点で、またそこまでとそこから先の記憶が失われた、
という悲しき効用もあったんですけどね…(苦笑)


…ほんで、ですよ。
これで、竹善さんと押尾っちは、お互いのラジオにゲスト出演しあったわけですよ。
あ、今回押尾っちはゲストやないけど(汗)
ともあれ、繋がりはまた濃く深くなったというわけですよ。
もう、マブダチ(古かった?^^;)じゃーないですか!!!!

竹善さん、お願い!! そろそろ押尾っちを
CROSS YOUR FINGERS に呼んでーーー!!(>_<)


いや、多分呼んでくれようと思ってると信じてるんです!!
実現please!!!(言い回し完璧に変です。)

といったような次第で、オンエアを聴き終わった後は、
強欲人間の欲望はとどまることを知らず膨らんでったのでした………
ああ、恐ろしい。

(え、これで終わり?)

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。