Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOTAPA LIVE vol.8

Posted by Ranko on   2 comments

いや~…いつの間にやら1ヶ月以上放置でした(汗)
お蔭で久々に自分のブログ見たら、スポンサーサイトが表示されている…

て、そんな裏事情(?)はどーでもいいのです。すみません
気を取り直して…


めっさ久々に(^^;)書く、KOTAPAのレポです!!
普通のライブ(?)のレポは一応書いてたけど、KOTAPAのレポは何年ぶりかのこと。
…ここら辺りが「ひねファン」のなせるワザと申しましょうか。
(堂々と言えるこっちゃないのですが…)

そんな胸を張れないひねファンですが、今回のKOTAPAは、
「参加した記録として残しておこう」と思わせてくれるモノでありました。

てな次第で(?!)始めさせていただきます。


えー、毎度のことながら、「ええかげんにしなさい!」な、
ダラダラ文章&脱線しまくり~になっております…(滝汗)
その旨覚悟の上でお読みいただけましたら幸いでございます…






KOTARO PARK vol.8 2012.3.19 @梅田AKASO 


vol.2か3以来?ぶりの、梅田AKASO(旧・バナナホール)でのKOTAPA。
て、勿論私はその時FC入会してませんけどね。
でも、AKASOは旧バナナ時代以来だったので、そういう意味でも懐かしかった!!
…が、AKASOになってからも既に数年経ってますが、
前すら通ったことがなかったので、外観の余りの変化に愕然…(@_@;)
色が…色が白くなってる…!!!Σ( ̄Д ̄)(美白?)

まぁ、中がまだ大分名残を留めてたのは救いでしたが…それにしても…
と驚きつつも、馬場っちや風味堂のサインを見つけて、ちょっとニンマリ。
今になって、写メ撮っときゃ良かったわ…と後悔してるてのも、
どないやねん、っちゅ感じですが

いやしかしこんなことなら、何年か前に押尾っちが何かのゲストで出てたとき行ってれば、
免疫(?)出来てたのに…と、今頃後悔しても無駄ですが、見苦しく足掻いてみる。(アホ~)

えー、話がどんどん横道に行くばかりなので、強制終了かけます、失礼…(汗)


毎度お馴染み、花のMC(笑)音丸さんのコスプレ(と呼ばせて頂きます。)は、
その、初めてのバナナでのKOTAPAで着たゴジラ!!
…ちっちゃい音丸さんが着てると、お子様の着ぐるみパジャマみたいで、
ちっとも恐ろしくないゴジラ!(笑)←し、失礼!

音丸(以下、音)「決して、今年が辰年だから、龍に似てるという安直な理由ではありません!」
てことだそうで(笑)。
押尾っちには容赦なく、

押尾(以下、押)「ゴジラのBGMでバレバレやん…」

とツッコまれてはいたんですが…(笑)

そんな(可愛い)ゴジラ音丸さんの

音「皆さんが呼ばないとKOTAPAはいつまで経っても始まりません!」

そりゃちょっと辛いなー(笑)

音「皆さんの声の大きさで、押尾さんのやる気も違ってきます!」

そりゃ責任(?)重大や!
てことで、1回練習して音丸さんの合格点をもらい、押尾っちを呼び込み♪
KOTAPAライブ、いよいよ始まります!(やっとかい。)


♪太陽のダンス

押「2003年の『Dramtic』というアルバムに入ってる曲です」

と、紹介して弾き始めました。
んまーーー、むっちゃ懐かしいーーー!!!
個人的にはもう6年も7年も、ライブでは聴いてないような。
もしかしたら、2005年の情熱大陸以来かもしれない。
なんで、もうそれだけで嬉しい…と言いたいところやったんですが…
演奏がちょっとたどたどしいのが辛かった
これ、BESTにも入ってるみたいけど、リテイクなしなんかな…
2日目(20日)とか、後々の名古屋、東京公演ではどうやったんでしょ?

♪オアシス

押「オアシスといえば、六甲のおいしい水のCM」

はいはい、本人初出演のCMでもありました!
とはいえ、もはや記憶に残っているのは、強烈なインパクトがありすぎた、
そして「これでもか~、これでもか~」とばかりに流れていた、
タイガースボトルバージョンのほうばっかりになってますが…(^_^;)
通常バージョンは結局一度くらいしか目に出来ず仕舞い(泣)

押「ジョン・健・ヌッツォさんが歌ってくれたんですけど、
  この曲をどないして歌うんやろと思ったら…」

と…

押「ああ 六甲ぉ~のぉ~~ おいしいみ~ずぅ~~~♪
(勿論、物真似で。)

に、似てるーーー!!!(爆笑)
「六甲」の「ろ」を「るぉっこう」てな感じで巻き舌気味やったら、
尚完璧やった!! と褒めたたえたいくらい…(笑)
あの頃、押し弾きで耳にタコができるほど(し、失礼!)流れてましたが…
それが蘇ってきて、いやもう大変ツボにハマってしまいました。
これ、2日目はやらなかったそうで…

肝心の演奏は、ちゃんと(^^;)しっとり聴かせてくれました~♪
これもライブで聴かせてもらったのは随分久しぶりです。
改めて正に「オアシス」のような美しいメロディにううっとり…

(完璧に蛇足な翌日談。)
我がコタ友さん、うんぎゃるまつ殿にとって『オアシス』は、
押尾っちとの「出会いの曲」だったと聞き及んでおりましたので、
20日のライブ前に久々にお会いしたとき、もうどんだけ言いたかったかー!!
しかしネタばれするわけにはいかない。
あの時私は、それはそれは辛く苦しかったんです…(笑)

♪風の詩

押「NHKの、南極プロジェクトっていう壮大な番組がありまして、
  そのテーマ曲の依頼をもらったんですが…」

北海道は富良野なら南極のイメージが近いかもしれない、と、
富良野まで行って曲作りをした…というのは、過去のライブが何かで
そんなことを言ってたような気がします。
さて、そのかの地のホテルの窓から景色を眺めながら、
出だしの短いフレーズがふと浮かび、

押「よっしゃ、これや!」

と思ったものの…

押「簡単に続きは出てこえへんねん…!」

所謂生みの苦しみ、っちゅやつですな。お客は爆笑…(笑)
で、その出だしばかりを延々数時間弾き続け(ホンマかいな…^^;)、
『風の詩』は無事生まれ落ちたということでした。
名曲の陰に逸話あり、です。(笑)

南極の地表を這うような雪煙…いや、ブリザードだったか…
そんな場面のバックに流れてた…ような記憶が頭の隅に微かにあるのですが…
全然違うかったかも…?

押尾曲コピーをする人が先ずとっかかりにすることが多い(「多かった」かな?)、
と聞き及ぶ曲であります。
極寒の地にも芽生える生命を思わせるような、素朴でゆったりとした温かいメロディ。
じんわり、ゆっくりと染み入ってくるようでした。

しかし、『オアシス』といい、名バラード2曲の前振りはすっかり笑い路線(^_^;)
前やからいいようなもんの、もし後で言うてたら台無しもので(笑)

♪Landscape
懐かしい曲が続いたところで、ちょっと新しい曲も。
ある意味『HARD RAIN』以上に
「見てるほうが手が痛い」「ギターが気の毒」と思ってしまうこの曲。
グレーベンさんのギターが丈夫で良かったよ…(そういう問題?)


ここでライブの第一部(?)終了。

☆余興コーナー その1

曰く、

押「数が少ない、と思われるでしょうが、量より質で!」

という(笑)、

音「プレゼント大抽選会~!」(ドラえもん!(笑))

…いかん、モノを忘れました!(汗)
音丸さんが「割とレアです」と言ってた「Hand to Hand」のポスターと、
いつもの目覚まし時計と…タカミネのギターは憶えてるけど、
もう一つ二つあったような? な、何でしたっけ?(^_^;)

プレゼントの中でも、出目なのが目覚まし時計やと思うんですが。
今回は、実はチューナーも作ってる「世界のSEIKO」さんが、
KOTAPAをやると言ったら提供してくれた! とのことでしたね。
(ここら辺りは、しっかりスポンサーさん宣伝で(笑)。)
19日、その目覚ましに当選されてたのは男性で、
「目覚ましの鳴る1分前には目を覚ましたりします」という方。
目覚ましが当たる人は、私の記憶にある限り必ず寝起きのいい人やな(笑)。
押尾っち本人はといえば、

押「僕は、目覚まし何個あっても足りひんけど…」

でしょうなあ。(笑)
…そんな寝起きのいい男性のために押尾っちが録音したメッセージは…
非常に申し訳ないのですが、今やすっかり忘却の彼方に遭難してしまいました(平身低頭)
しかし、しかしなんです。
ちゃんと録音できてるか、と確認のために再生したソレは…
録音時間オーバーで、無慈悲にも途中でブチっと切れていた!
というサイコーのオチがついていたのは、ハッキリ憶えておりますよ~!(笑)

☆余興コーナー その2

コータロー楽団。今回の曲は『Snappy!』。
これも、大概キャラの立った人が当たるようになってるんですね~。
19日は楽器はギターを弾いてます、というので、押尾っちから
ギター担当を押し付けられ…もとい…仰せつかった(笑)男性が面白く、
そして自らマラカスを選ばれた女性が良かった!!
社交ダンス的な腰の動きが何とも…押尾っちもそこんとこ注目で(笑)

☆余興コーナー その3

今回初の、新コーナー。これを早くやりたくて緊張してた?!

音「KOTAPA チャリティーオークション~!」

うわー!Σ( ̄Д ̄) ステージに、ラックにズラズラっとかかった衣装が!!
(一部私服が!!)

19日は完全に初の試みっちゅので、かなり値段は競り上がりました!
2万越えも何点か!
2日目、20日は最高額も2万いかなかったと聞きましたが。
KOTAPA会員さん、みんなお金持ちやな~~~
と、その日財布に数千円しか入ってなかった貧乏人(清貧なんです…)は、
ただただ感心するばかりでした(苦笑)

し・か・し!!!
この日同行させていただきました、我がコタ友さんポレポレさんが、
私服の赤いTシャツを見事落とされたのですよーーー!!!
1枚目の、何のだったか忘れましたが(忘れっぽい)、水色のヒラヒラ衣装(^_^;)から、
何とか落としたい、と思ってはいたものの、手を挙げても声を出せずにいて、
ありったけの勇気を振り絞って、頑張って手を挙げ続けての快挙!!
因みに、お隣の席の方がそんなぽレポレさんの姿を見て、
「頑張って」と応援し続けてくださったそうです(^^)
何て優しい人なんだー!!
私も、傍にいたら応援したかった!!
正に愛の力 ですなぁ♪
終わった後、落としたTシャツを見せてくれたポレポレさんの笑顔は、
ホンマにキラキラ輝いておりました♪

私信:今度、あのTシャツ着て写メ撮って送ってください♪(^皿^)

そんなコーフンのオークションを終え、スルスルと降りてくるスクリーン。
ベストアルバムの限定盤のみに収録されるショートフィルムの上映とのこと。

押「でっかいスクリーンなんですけど、そんな大きい画面やないんです…」

せっかくの上映前に、何で先ずそんな外すこと言うのかな~(笑)


そして、ライブの第二部に。

♪mother
KOTAPAの前の週に、既に押し弾きでは初披露してもらえてたんですが…
やっぱり生演奏で聴くのは格別です。
押尾っちの優しい顔が垣間見える、そんな曲ですね。
かの偉大なる押尾母にささげる曲でもあるんでしょうか?(^^)

♪黄昏
ここ数年、随分とライブで弾くことが多いこの曲ですが…
大好きでいい曲は何度聴いてもいいものです。

♪桜・咲くころ
これ、何が嬉しかったって、『黄昏』に続けて、
オジイサンで弾いてくれたってことでした…(感涙)
アルバム「Be HAPPY」は、個人的押尾アルバムNO.1の座を未だ揺らがないのですが、
その中でも好きな曲TOP3に確実に入る曲です。
茨城の、今は亡きおばあちゃんの話。
愛犬さぶの話。
音、音楽というのは記憶と繋がってるものですね。
当時ライブで押尾っちが話してくれたことが、それまでは忘れていたのに、
この曲のメロディとともにふと思い出されてきました。
聴く度に、心の芯がホワっと温まってくるような気がするのは、
メロディの優しさだけじゃないからなんでしょうね。

♪Fantasy!
文字通りの、間違いなく(?)原点回帰!!
アルバムのリードトラックということで、プロモーションのために
ラジオ番組に出演する毎に弾きまくってた10年前…

押「勿論、FM802で、ヒロTはことあるごとにかけてくれてて…」

うん、言われてみればそうやったかな。
zipFMの話もしてましたが、ちょっと内容ド忘れです、申し訳ない…

押「で、あれだけ弾きまくったから憶えてるやろと思ったのに、
 全然弾けなくて、一から練習しました」

もっそぶっちゃけ話ですが(笑)。
ここで、でしたか、このAKASOがバナナだった頃にバイトをしてた話で、
当時、自給500円やったと。(そういえば、そんなもんやったかな…)
ワンドリンク、ワンフードのオーダーをしない(出来ない)若い女性客に、
フロアマネージャーに「お金がないって言うてますけど…」と報告したら、
「出て行ってもらえ!」と言われて、仕方なくお客さんに恐る恐る言うと、
「何よ、ケチ!」と言われてしまった…とか…(^_^;)
浪速エキスプレスの前座で、憧れのバナナホールのステージ立てることに。
で、石田長生さんやら、Charさんやらの居る楽屋に挨拶に行ったものの、
メンツの濃さにビビッてしまった(笑)、とか話してたような…

押「石やんとCharて、BAHOやん!」

と、何故か自分ツッコミしつつ(笑)、様々な思い出に思いを馳せながら…

押「あの頃に戻って…戻れるかな? (また自分ツッコミ?(笑))
 …うん、戻れる!(自己暗示?!)」

等々言いつつ。

押「東芝EMIからデビューしました、押尾コータローです!」

見事な原点回帰っぷりでした♪

♪リレーション
で、2012年に時を戻して。
最初に戻ったので、新しいのも、ってことやったんですが。
そんな話をいろいろしつつ…

押「話をしながら、さりげなくイントロの練習してたりして…」

そんなんバラさんでええってば!(笑)
と、潔く(?!)公衆の面前で練習までしたというのに。
いざ本番! という段になって痛恨のミス!

あやや~…(^_^;)
苦笑いで再度練習ののち、弾き直し…が、またまた大失敗!!

ありゃりゃりゃりゃりゃ~~~…(^_^;)(^_^;)(^_^;)

皆さん笑っちゃいるけど、何とも言えない会場の空気を、
一瞬にして払拭するような押尾っちのこの言葉。

押「人前で弾くの初めてやねん!!

も……もしもーし!!Σ( ̄Д ̄)
この言葉を客の前で言い切ったプロは初めて見ましたね…(苦笑)
いくら、1人残らずファンとはいえ、ですよ。

が、しかし。
何故かそれを思わず許せてしまうのですよねぇ…
どんだけ、ファンに心許しきってんの?! という感じで。

そういや、ライブの最初のほうでこんなことも。

押「知った顔がいっぱいおって、なんか身内みたいな…」

そんな場だから、ついつい出ちゃった言葉なんやろな~、と思わせられる。
何てお得な性分の主なんでしょう!!
…いや失礼、「人徳」と言い直しておきましょう。

と、3度目の正直?で、ようやくちゃんと弾けました!(笑)
これは、正に「初聴き」でしたが、お、ええやん!
ライブで確実に盛り上がりを見せる曲がまた増えたと思いました♪

♪HARD RAIN

押「勿論、この曲も録り直しました!」

一体どこまで進化するのか、この曲は。
聴き馴染んでいるはずなのに、いちいち初めて聴くような熾烈さを感じます。
イントロの前のアドリブが好き。
文句なしに「カッコいい」の一言が出る曲。
やっぱ、これ聴かないと何かまだ押尾ライブ行った気になれない。

し、しかし、この曲で立ち上がれないのは辛かった…

♪ナユタ
押尾コータローにとって欠かせない存在の曲になってきたような。
思い入れの深さが曲の味わいになってきているように感じたのでした…

EN:♪翼~hoping for the FUTURE~
この曲の乾燥の度に同じこと言ってるようで…恐縮なんですが。
嬉しい、楽しい、大好き!
それが、この曲です。
タイトルは変われど曲は変わらず、ってことです!


アンコールを終えて…汗だくの顔をかめ七さんのタオルで拭きつつ…

押「いつの間にか、3時間超えちゃいました!」

えっ、そうなん?Σ( ̄Д ̄) 確かに、かなり長いとは思ってたけど(^_^;)
で、今回も2ショット撮影やってくれ…いや、その前に!!
押尾っちと全員で、記念写真 が

「専キャメ」さんは、所謂「専属カメラマン」の略であり、

押「それやったら、“専カメ”でええんとちゃうん?」

と、押尾っちは素朴なギモンを感じておられたようでしたが(笑)
ご本人的にはあくまでお「専キャメ」であるのがこだわりのご様子で…
とりあえず「戦場カメラマン」の略ではなかったようです。←
いや、だって音だけで「センキャメ」って聞いてたらわかんなかったんです

そして「専キャメ」さんがカメラ(じゃなくて“キャメラ”?)をセッティング中。

押「そんな高いとこにセットして、落ちてこえへんの?」

いやその……(^_^;)
尚も、

押「落ちて、その辺に部品が転がったら大変やな…
 (細かい物を拾い上げる仕草を見せて) あ、こんなとこに落ちてる…とか…」

どんな心配してんねん?! な押尾っちでした(笑)
ネタが細かいよな~(笑)


あわわわ…それこそ「気づけばえらい長さ」になっとりますがな(汗)
2ショット撮影については、参加された皆様にはそれぞれの思いを
噛みしめて思い出し笑い(ほくそ笑み?(笑))をしていただくことにして…

一応の、KOTAPAライブ全体の雰囲気を、参加できなかった皆様に
感じ取っていただ……くのは、無理かこれじゃ…

し、失礼致しました…
(え? こんな終わり方かいっ?!)



関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。