Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月1更新続行中…

Posted by Ranko on

になるところを、辛うじて免れたようです(苦笑)
この3週間以上の間に、一応ネタは腐るほど(!?)あったのに、
放置しときすぎてホンマに腐らしてしまいましたわ…

この記事は、正しく「枯れ木に花」の役割。
月1を免れるだけの間に合わせです。

「日記」とはそういうもの…ということにしておいて下さい


で(?)、本題。(この言い回し乱用…)


…いや、だから「本題」というものも無いっちゅーのに。
ま、とりあえず私がちょっと本屋に行ったと思ってください。
で、とりどりに並べられた大量の本の前で立ち尽くしてしまったのです。

以前、自分の「音楽好き」についても同じことを思ったのですが…
私の「本好き」の範囲は、
「音楽好き」より更にもっと間口が狭い。


改めて気づくと、いやもう唖然ぼーぜん。

気に入ってる作家以外の本に手を出す機会のなんと少ないことか。
「読んでみよう」と思うのに、先ず文章が好きになれないと読めない。
最初の数行で「面白いかも」と思わなければ、読んでみようという気になれない。
一応読んでみたとしても、「もう一度読もう」と思うものでなければ
その作家の他の作品を読んでみようとしない。

そういう傾向がままにしてあるのです。
なので、なかなか新しい作家や分野に手を出せない。

こんなヤツが「本好き」を名乗っちゃいかんのではなかろうか。

今日も今日とて、散々本屋中をウロウロした挙句、
好きな作家の1人である宮部みゆきの時代小説「ぼんくら」の
上下巻を購入しただけで、悄然としつつ、本屋を後にしたのでした。


そして同時に、こうして人様に「公開」する行為をしておきながら、
文章能力が一向に向上しない…どころか後退していってるのも、
もっともなことだわ、と大いに納得がいった次第でもあったのでした…
あ~あ…





関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。