Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして、11月27日。【その4】

Posted by Ranko on   0 comments

さて、その4です。
ここでは、ステージ転換の間のことなど…


といいながら、いきなり始まる前に話は戻る(苦笑)
出演者のヒモジャム登場時のダイジェスト(?)らしきものがBGM代わりに流れてまして…
私たちが会場入りして、自分たちの席に何とか落ち着いたとき、
ちょうど「諸君!!」リリース当時の直太朗のトークが聞こえてました。

シングルが『諸君』で、アルバムが「諸君!!」、ツアータイトルが“諸君!?”
だったか、とにかく全部イントネーションが違う。
それの言い回しで、直太朗本人は玉砕…(笑)
で、ヒロTが言うとそれが直太朗的にドンピシャ(古い?^^;)だったようで、
手を叩いて大喜び、
直太朗「DJみたーい!」
と誉めていたのでした…(笑)
ヒロTが何と応じていたのかは忘れてしまって残念なのですが(泣)

この後Begin栄昇さんの言う「アーティスト全てに優しい訳じゃない」ヒロT(笑)
私の覚えてる範囲でしかありませんが(汗)、押尾っちや直太朗も、
結構「優しくばっかりされてない組」に入ってるような気がします(^^:)
それを全くおくびにも出さなかったのは2人とも偉かったよ…(笑)←何様?


あー、脱線でまたもや行数取りすぎました(汗)


で、最初のステージ転換の間ですね…
広い大阪城ホールのスタンド席後方やバックステージの方にも
見やすいように設けられていたスクリーンに、突如として現れたのは…

岸谷五朗&寺脇康文地球ゴージャスの、2人!!
…しかし、岸谷さんは寝てるし、寺脇さんは弁当食べてるし…(笑)
この2人も、地球ゴージャスの大阪公演の際には必ず現れる常連さん。
てことで、お誕生日のお祝いメッセージと、インターバルDJ、
という憎い演出がなされてた訳で…まさに、めっちゃゴージャス!!
ただ、2人は「ギャラの関係」というので(笑)、この時のみでしたが(^^:)
そらまあそうだわな~(苦笑)

でまぁ、このお2人のことですから、普通に喋らない(笑)
言葉の節々に声を揃えて「ヒロてらだ~いら」と連呼するのが何ともおかしくて、
もっとなんか面白いこと言ってたのに、全っ然思い出せないのが悔しい(^^;)

で、2人の紹介で、今回参加出来なかったアーティストからの
お祝いメッセージがこの後流れまして。
先ず、aiko。
意外と普通の言葉だった(笑)
でも、画面から引っ込むとき、歌いながら画面右に後退りで消えていくので、
流石は関西っ子って感じでした。
吉本か!(笑)

その後がGRAYでしたか、それと谷村有美の3人だったようです。
(うんぎゃる殿ブログカンニングで確認しました(笑))
この二組は、いたってマトモでした。

「ギャラの関係で」(笑)DJが中島ヒロトにチェンジしてからも、
お祝いメッセージをくれたアーティストや芸能人が、
「ヒロT流石やー!!」の一言に尽きる人々が勢揃いで。

鶴瓶師匠に南光師匠、角淳一アナウンサー。
鶴瓶師匠は、可愛い男の子を膝に乗せて喋ってて、「ひょっとして孫?」
と思ってみてたら、最後に
「全然知らん子ぉや!」というオチで爆笑!
南光師匠も「同じ還暦やけど1週間ほど兄さん」で笑わせ、
角さんは角さんで、「「バブー」って言うてみ?」とけしかける(笑)
この角さんの挑戦?を受けて立ったヒロT。
エンディングで、「明日の放送は「バブー」で始めます」と宣言。
…その際、「明日6時ちょうどから聴く人!」と会場に問いかけて挙手させ、
お客がこぞって「はーい!!」と手を挙げると、
「ホンマやな?!」と上から目線で確認する辺り、
流石の“ヒロ・テラジャイアン”っぷりでありましたが…
翌朝6時ジャスト。時報とともに、ちっちゃい声で「バブー」ってちゃんと言うてましたー(^▽^)

それからも、スクリーンに現れるのは、
山崎まさよし、斉藤和義、SoFFet、HOME MADE 家族、Char…と、大物揃い。
そして、平井堅が「会場行きたかったけど、面倒だった」などとぬかし…いや、言いながら、
イヤホンを外し、且つ振り向いて歩き始め、カメラがその後を追う…
ええーーっ?!∑( ̄Д ̄)
唖然としてたら、サプライズゲストとして、ホンマに会場に現れる。
という、何ちゅうカッコエエことをしてくれるんでしょうか!!

その平井堅ちゃんが何を言い何を歌ったか、という辺りは、
また第二部のレポでさせていただくことにしますが。
…すみません、いい加減また冗長になってきてますので…(滝汗)

Charさんは、流石の「毒舌」…とでも言いましょうか。
ギターかき鳴らしての即興?ソングが、
「60になって オッサンになった~♪」というフレーズのリフレイン。
会場大爆笑…!!(笑)
“Charさんならでは”、としか言いようがない!!

まさやんの言葉は失礼ながら忘れてしまったのですが…せっちゃん!!
「せっちゃん」の愛称の面目躍如と言ってしまっていいのか…な下ネタ炸裂(^^;)
いいのだろうか、このまま流して?
と思うようなその言葉は、当然ここには書けません…(苦笑)

で、メッセージ最後を飾ったのが桑田圭祐!!
過日の道頓堀ゲリラライブのよしみで、個人的に何かないかと期待してた人です。
「呼んでくれたら行ったのに」という一言で十分に溜飲は下がったのに…
大ベテランらしい、腰の低い丁寧な言葉で述べられるメッセージは、
聴いてて、何ともいえない感動でした…(感涙)


そんなこんなの、それぞれの個性溢れるメッセージが、
会場のお祝いムードを一層盛り上げてくれていたのは確実です♪



…と、何とかインターバル関係がまとまった(多分忘れてないと思う^^;)ところで。
ダラダラ続いた【その4】も、これにて終了とさせていただきます…

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。