Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リーディング・ハイ」?!

Posted by Ranko on   0 comments

この度のクリスマスライブ、23日のDEPAPEPEゲストの日の
レポを書いたのもいけなかったのかもしれない。


三浦くんのせいやねん。(いきなりやな)

よりにもよって…


ジュラシック・パークを読み出してしもたやないの!!


何が困るって、ジュラシック・パーク読んだら、絶対副作用(?!)で
ロスト・ワールドまで読みたくなるんやってばーーー!!!

この4冊、いったい何ページあると思ってんねん!!
合わせたら軽ーく1500はあるんやでー!!
読み出したら、絶対止められへんねんでーーー!!!

三浦くんがおもろいこと言うから悪いー!!
マイクル・クライトンがすごい話を書くから悪いーーー!!

…押尾っちが、三浦くんに恐竜話振るから…ブツブツ。


と、どこまでも責任転嫁してみる。
ハイ、勿論私の意志の弱さが悪いんです。わかってるんです。

しかしホンマに、この本はかっぱえびせんよりよっぽど始末が悪い…
(それは、比べることなんか?!)
何回も何回も何回も読み返してて、展開はもう全てがわかってるのに、
それでも面白くて興奮して、止められなくなってしまう~…

これを「リーディング・ハイ」と呼ばずして、何と呼ぶ??(知らんがな。)
恐るべし、クライトン作品。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。