Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いの曲。

Posted by Ranko on   0 comments   0 trackback

ん~、今日は何だかブログ更新の意欲に溢れてるみたいです(苦笑)。


ショパンなら『別れの曲』…って、テーマと反対の意味になってまうがな(^^;)
えー、「出会いの曲」ですが。(何て強引な話の変え方すんだ…)

今朝ですね、ちょっと久々に森くんの『Rain』を聴いたんですよ。
もう多分3年半くらいは前になろうとしてますが、
コレが私の「森大輔」というアーティストとの出会いの曲でした。
(デビューは『TRUST ME』って曲で『Rain』は2曲目。)

(えらい古いネタで申し訳ないですが)「ビビビ!」だとか、
「ドカーン!」(地雷を踏んだ風に…)とかいうような、
強烈な出会い! ということは決してなかったんだけども、
そのタイトル通りとでもいいましょうか、硬いアスファルトが、
次第に雨を染み込ませていくように(お、何だか詩的じゃないの!)、
ゆっくりと心に入り込んできた、そういう感じでした。
ええな~と思い出してから割りとすぐにライブも見られた、
それも良かったのかな。
6日の、グランキューブのライブ、日曜でさえなかったら行きたかった(T_T)

と、ついまた話が逸れますが(汗)。

んで…今朝ヒロTがこの曲かける時言ってた言葉に、
何だかものすご~く頷いてしまったワケで…
その情熱(?)がこのブログupにつながったのかも知れない。
いや、ハッキリ繋がったんです。

それは、「もっと色んな人に森くんを知ってほしい、聴いてほしい」
ということです。
まあ、コレは人の好みというものが千差万別である以上、決して強要は出来ない、
難しい問題ではあるのですが…

森くんの創る曲は、キャッチーとは言えないから、印象に残りにくい、
そういう音楽ではあります。
地味っちゃ地味なんかもしれない。
しかし、森くんの評価されるべき点は、その「完成度」。
森くんを語られる時に必ずと言っていいほど出る言葉だし、
音楽誌の堅苦しいレビューみたいで恐縮なんですが~(^^;)
それは、幼い頃から積み重ねてきたピアノの鍛錬から来る賜物であり、
「クラシック音楽」から叩き上げてきた基礎の力が、
ジャンルを問わない音楽性を創ってんだろうな~と思わせる…
ああ、何かどうにも支離滅裂になってきちゃいましたが(T_T)
私の中では、どっか葉加瀬の太郎さんに通じるものがあるのですね。
…あ、そうか、だから好きになったんかな…

しかし、こんな風に駄文連ねたって意味はないのです。
近々2枚目のアルバムを出すようで、色々大変そうな森くん。
でも、ブログの更新は怠らない! その律儀さも、好きさ♪
短いけど、頭の回転の良さを感じさせる文章もええんですわ(^^)

最近では、 このエントリー には感動した…!

この2枚目のアルバムも、出すって話出てからもう随分な時間が。
そういう慎重さも、音楽性に現れてるって気がするのです。
勿論、いい意味でですよ。
時間をかけて練り込んだ美味しさとでも言うのかな…


そういうワケで(?)、今私の頭の中は、『Rain』がリフレイン中…
(ダジャレではありません。)
♪トゥルルトゥットゥ~ ←え? イントロだけ?(・_・;)

…えー、結局、もし機会があれば是非に聴いてみてくださいねって話でした(^^;)

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://obln.blog50.fc2.com/tb.php/27-8772bc5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。