Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーハンとお塩くん。

Posted by Ranko on   2 comments   0 trackback

録画環境を整えてない私に(^^;)、いつも録画を頼まれてくれる
友人がいるのは、ホンマにあり難いことこの上ない!
本来なら見られないもの、と諦めないといけないところでした。

フジテレビNEXTで17日に放送された「Char meets 押尾コータロー」
を録画してもらったDVDを早速見たのですが……


「あんた&わて」(byハロハロさん)の録音光景はかくや?!
と思わせてくれる、Charさんの愛情溢れるいじりっぷりが素敵すぎます!(笑)

この人の「ギター談議」は、「自分の力で築き上げてきたテクニック」
に対する自信が潔くてカッコイイ。

ちょっと、この番組から話は離れるのですが…
あれは、802のDJ大抜卓人(愛称タクティ)が「ヤントラ」という番組で、
確か「ヤントラギター部」というコーナーをやってた頃、
やはり「ギターといえば」ということでCharさんのコメントがあったのですね。
(聴きながら、ギターやったら押尾っちも呼んで~、と思ってたけど、
このギター部は、主に「エレキギター部」でありました…(苦笑)。)
その時のCharさんの言葉の中に、
自分がギターの練習を始めた頃はマニュアルなんて一切ないから、
ただひたすら耳で聴いた音を頼りに、自分でコードを探し出すしかなかった。
今の若いギタリストは、マニュアルがあるからテクニックはあるけど、
そういう探究心は無い。とかいったようなのがありました。
(録音してたわけでもないので細かい言い回しは忘れてます;)
その当時は、おっとCharさん流石の辛口やわ、とか思いつつ、
何となく聴き流してしまっていただけだったのですが…

更に話は逸れてしまうのですが、4年くらい前やったかな?
スタレビの要さんが押し弾きにゲストで来た時、Charさんのこんなお話が。
Charさんも要さんと同じで、お兄さんのギターを借りて練習をしてたけど、
お兄さんは意地悪で(って要さんってば^^;)Charさんが使えないように、
箱(当時はケースなんてなくて(高かった?)箱に入れてた、とか…)に
仕舞い込んでしまっちゃってた!
(お兄さんも、それだけギターが大事だったんですね~!)
そのギターを、Charさんはお兄さんのいない時にこっそり出してきて、
ガーっと集中して練習して、またこっそり元通りに戻しておく。
そんな練習してたから、Charさんは上手くなったんだ、と。

そういう「ギターに対する熱意と愛情と自信に基づいた遊び心」。
それが、“Char”という“ギタリスト”のプレイなんだ、と。

これらの話を思い出して今更のように納得させられた次第でした。
…ホンマ、今頃やな…(^^;)
でも何か、今度AAA辺りでCharさんのプレイを拝聴できる機会があったら、
その時は聴く耳が変わってるかもしれへんな~、
などと、単純な私などは思ってしまうわけですね…(苦笑)。

…で、そんなCharさんを前にして…

押尾っちが、カワイイ・・・(爆)

いや、「顔が」とかとちゃいまっせ!(笑)
…まあでも、気のせいか心持ちいつもより「かわいらしく」映ってたような?(笑)
「尊敬する先輩を前にした後輩」っぷりが、なんともいえません。
「言われるがまま」っぷり、というのか(笑)。
決して後進にも「えらそうに」することのない押尾っちですが、
若いコ達と並ぶと、貫禄は付いてきたように思いますが。
…いやだから、体格がとかじゃなくて(笑)。
って、自分で混ぜっ返すからいかんのですな…(汗)。

いやいや、まだまだいい意味でカワイイ!
そこが、押尾コータローの愛すべき持ち味や!


「ギターに対峙する時の“子どもっぽさ”」をいつまでも持ち続けて欲しい!
Charさんのように。
改めて改めて…(エンドレスで…)、そう心から思ったのでした♪(^^)

ま、私などが思わずとも、ご本人が一番そう感じたのであろう…
と推測するものでありますが☆

関連記事
スポンサーサイト

Comment

りー says... ""
たびたび失礼します☆

(番組は環境が整わなくてまだ見ておりませんが…)
去年のクリスマスライブで世良さんと並んでたときも、
押尾さんはまるで大きな少年のようでした(笑)
ギターに対していつまでも無邪気でいて欲しいと思います♪
2009.05.22 12:54 | URL | #9q2FTWbs [edit]
Ranko says... ""
>りーさま♪

いえいえ、こんなブログでよろしかったら、
いつでも何度でも起こしいただければ嬉しいです~♪

環境が整われましたら、是非ご覧あれです!
YouTubeで、見られるという話も聞いてますが…(^^;)
お~、そういえばそうでした!
世良さんの隣でかわいかったですね(笑)。
先輩アーティストの前では「カワイイ」押尾くん(笑)。
ホンマに、いつまでも無邪気さんでいてほしいですね(^^)
2009.05.23 00:32 | URL | #8kSX63fM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://obln.blog50.fc2.com/tb.php/203-d41220cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。