Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう「アレンジャー」が終わってもうた…!(TДT)

Posted by Ranko on   2 comments   0 trackback

「押し弾き」が終わってしまったワケではないって、理屈ではわかってるけど。
どうも録音を聴き返してると、キモチが沈んでしまい、
こうしてキーを打つ手も止まりがちになってしまうのであります(T_T)

押尾っちもかおりんも、「終わるわけじゃない」って強調してましたけどーーー!
(T□T)(T□T)(T□T)
何か…2人の言葉も「終わる」っぽいのが多かったで…(T_T)

先日から、どうしても過去に録音しておいた「アレンジャー」音源ばっかり
繰り返して聴いてしまってる、未練がましい私であります…およよ~…(T_T)

…いかん、気を取り直すのだ~!!(`皿´)

えーと、電波関係で聴けなくて、火曜日にHPが更新されるまで
投票したけど結果が知りたい! という方のために、
今日の人気投票の結果を書いておきます。

281曲(!)から、割れに割れて(^^;)選ばれた3曲は…


第3位 蘇州夜曲 22票
第2位 別れの曲 28票(でしたよね?^^;)←確認は…?


そして…栄えある第1位に選ばれたのは!!!

『乾杯』でありました!! 得票数32票!


門出を祝う曲ではあるのだが、どうも哀しくなってしまった私って、
ホンマあかんやっちゃわ~~~(T_T)
しかし、過去2回の人気投票とかぶらなかったってのも、
考えてみればすごい話だという気が致します。

忘れもしない、4年前に100曲到達を祝して行われた1回目は、
見事メドレーづくしで、2回目の時も確か2曲まではメドレーだった記憶が。
今回は全てが単体(何と言う表現力の無さ!)の曲でしたが、
1票を投じた方々の投票理由やエピソードが何とも素敵でした。
『乾杯』へのメールは名作! と思うものも…(TДT)

改めて改めて改めて…ええコーナーやったんやな~!!(´Д`)
という感慨を新たにすると…あああああ…(T_T)
あかん、振り出しに戻ってまう…(苦笑)。


最後にメールを読んでもらえてこのコーナーのラストに関われたのは、
リスナーとして、この上なく名誉に思います!!
ホンマは、私よりもっとその位置に相応しい方々が沢山いるのに…
少々の罪悪感も感じつつ…
ええ、出発の押尾っち独り版30分「押し弾き」の頃の、
押尾っちの喋りは全然憶えてなくても(た、大変申し訳ない…冷や汗。)、
ラジオの前で何度と無く覚えた感動感激、時に爆笑(笑)は、
これからもずーーーーっと、忘れたりしませんとも!!


ありがとう、押尾アレンジャー!!
またいつか、再会できることを心から願っております♪(^^)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

ハロハロ says... "NO TITLE"
 コメントする前に
 桜の花の『コ・メ・ン・ト・の・投・稿』に圧倒されつつ (笑)

やっぱりなぁ~、長年親しんできたRANちゃんにとって
この「まかせんかいアレンジャー」に対する想いは
誰よりも大きかったと思う。
この番組の でっかい『顔』の部分だったもんな。
途中から聞き出した上にフェイドアウト気味の私でさえ
やっぱり、このコーナーが無くなるというのは
ショックを超えてのショックだったから。

メール、読んでもらえて、よかったね。
きっと想いが 伝わったんだよ。
2009.04.04 13:08 | URL | #T9Pnfe0Q [edit]
Ranko says... ">ハロハロさま♪♪"
や~、私も初めてコメントフォームを開いた時はビビリましたv-12
テンプレート変更する段階で気づかんかい! って…(汗)。
おどかしてしもて、すんません(笑)。

さて…「想い」とまで言いますか、何と言いますか~v-404
聴いてた時間の長さなんて、関係ないですよ~!!
私の場合は、単に感情的になってしもてるだけとちゃうんかと…
ただ、確実に「超」の付く「不真面目」リスナーではありましたが、
確かに押し弾き…いや、「アレンジャー」は知らず知らず、
生活の一部とまでなってたのかもしれません。
空気とか水みたいな存在になってしまってて、「終わる」となって
初めてその有り難味が理解できた、ってことなのかも。
「いつまでもあると思うな」という学習が出来ない私です…(T_T)
2009.04.04 15:07 | URL | #8kSX63fM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://obln.blog50.fc2.com/tb.php/176-a68d52c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。