Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'08.12.25 押尾コータローChristmas Special Live@サンケイホールブリーゼ(備忘録)

Posted by Ranko on   0 comments   0 trackback

ええっ、今頃アップするんかい?!Σ( ̄□ ̄)


…って、はいもう、思いっきり突っ込んでやってください~(汗)。
一応、昨年の総決算をする前に…という目標はあったのです。、
しかし書きかけて保存しておいたものに、追記を加え修正を加えしてる内に
すっっっっっかり、タイミングを逃しすぎちゃったもんですから…(ーεー;)
「単なる備忘録」なんで、もう時期なんかどーでもええわい、
と開き直ってみました…(苦笑)。

でまあ、14日にフラプラのネタばらしを「出来ればしたい」(汗)と目論んでるので、
流石にその前には、ってことで…(^^;)


というワケで、時は戻りまして…ホンマに戻り過ぎですけど(滝汗)。
Special 3Daysの最終日を飾ったのは…
そう、あの(どの?)ジェイク・シマブクロ!!

押尾っちも、ライブ中にこんな風に言っちゃってました。
「(23日も24日も)スペシャルやったけど、ジェイクがやっぱり特別かも…」

ジェイクと押尾っちが同じステージに立つのを見るのは、
押尾っちのMCネタにもなってた情熱大陸(2004年)以来でした。
あの時とは、ジェイクの外見も全然違うし~!(^^;)
あれは、ちょうどこの頃↓でしたね…


ドラゴンドラゴン
(2005/06/01)
ジェイク・シマブクロ

商品詳細を見る



…うーむ、こうして見るとジェイクってどんどん若返ってる一方のような。
実は、トシとってないんじゃないのか?!(笑)
今、「20歳です。」と言われても、何の疑いもなく信じますね私は(^^;)

てなことはともかく(汗)。

仲の良さも格段にアップしてる分、単にテクニックのバトルではない、
ラブラブ~(笑)なセッションを、これでもか~~~っ!!!!!
というほど、見せつけてもらった2時間半のライブでした♪♪♪(≧▽≦)

以下、セットリストに沿ってなるべく簡単に(^_^;)書いて行きます…
注:言うまでもなく、超・長文になっております…大汗。







先にお詫びを…
何と言っても、既に1ヶ月以上の日が経っております。
記憶がまだしっかり残ってる間になるべく細かくメモっておき、
セットリストはこっそり他所様をカンニングさせてもらったりもして(^_^;)、
後から思い出せる限りの記憶を引っ張り起こしながら、
日を追って徐々に加筆やら修正してる内に、どうも順序なんかが怪しいことに…(T_T)
曲順じゃなくてMCの順がなんですが。
そんなワケで、唐突に話が前後してる箇所があります。
その辺りどうかご容赦の上、お読みいただければ幸いですm(__)m


一応おさらい(^_^;)で、押尾っちソロの部のセットリストも書いておきます。

♪戦場のメリークリスマス
♪Chaser
(最近またよく弾いてくれて、嬉しい♪)
♪TREASURE
♪DREAMING
♪Christmas Rose
♪Lovi'n you

『Christmas Rose』を弾く前の、XmasネタMCにて。
…これは個人的に超嬉しかった、というMCで恐縮なのですが。
クリスマスの思い出として、バイトを終わって店出たら、彼女が待ってて、
「お疲れ様(ハート付き?(笑))」って言ってくれた…
なーんてことは勿論一切なく(笑)、寂しく独りだった押尾青年でしたが、
そんな押尾青年が、クリスマスにしたバイトで嬉しかったこととは。
押尾「関西の人なら知ってると思うんですけど、(それはどうだろう?(汗))
つかしんでクリスマスソングをギターで弾くバイトしてて…」
ナヌ、「つかしん」だと?!Σ( ̄□ ̄)
と、我が超地元が押尾っちの口から出てきただけで嬉しいのに。(単細胞ですから。)

そのバイトというのは、サンタの恰好した人がキャンデー配ってる後ろで、
BGM(クリスマスソング)を弾いてた、というものだったそうですが。
クリスマスなのでカップルが多かったけど、カップルにも色々あって(笑)、
クリスマスだというのにこのカップルはもしかして危機を迎えてるときなのか?!
と見ていて心配してしまうようなカップルも中にはあったと(笑)。
そんなカップルにキャンデーを渡したら、女の子にも笑顔が戻って、
それを見て押尾青年は「ああ、オレは今人の役に立つことをしてる」
という充実感を覚えた。
とまあ、誠に微笑ましい話でもあるのですが。

ナニが私にとって嬉しかったって。
この話は、前日24日にも言ってたのですが(23日は無かった。)、
24日に一緒に行ってた母はまったく無反応でしたが(笑)、
私が今は無き(^^;)某百貨店で勤めてた頃と多分時期がブッキングしてる…
そーいえばそんなことをやってたような…! と思い出しまして、
そ、そうか…同じ敷地内で働いてたかもしれないのか~!
(敷地内ってったって、結構広いんですけど(苦笑)。)
と、勝手に1人で嬉しくなってた…というだけの話でした。…チャンチャン(^^;)
す、すみませんすみません!(大汗)(平身低頭)


さて、押尾っちソロの部を、カバー曲シリーズ(?)『Lovi'n You』で締め…
「お待たせしました!」と、押尾っちのコールでジェイク登場♪
黒シャツに、黒の中折れ帽がお洒落なジェイク♪(≧▽≦)

…そういえば、MCで押尾っちが帽子をえらい誉めてました。
で、「帽子集めてる?」とか訊いてたような。
ジェイクの返事は確か、「ソンナニ。」とかだったと(笑)。

いきなり話逸れましたが(汗)、先ずはジェイクのソロで。

♪アベ・マリア
♪Gently Weeps
静から動へのパフォーマンスで、いきなりヤ・ラ・レ・タ~♪(≧▽≦)

今度はジェイクが押尾っちを呼んで、スタッフさんがセッションの準備の間、
ギター持たないで喋らされる押尾っち、例にもよって(笑)所在無げにしてると、
横に並んだジェイクは、おっきい押尾っちに合わせて一生懸命背伸びしてる!!
んも~、めっちゃカワイかったんですわ、コレが!!!(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)
アレはきっと会場中の女子の心を鷲掴みしちゃってたと思う!(笑)

そして2人の会話…これがこの日の最大の問題でありました…(^▽^;)
一応押尾っちの裁量で、「日本語と英語と半々で」という取り決めになったものの、
結局「ほぼ日本語」であったことは言うまでもありません(笑)。
押尾っちの知ってる限りの英語での質問も、ジェイクは日本語で答えてるし、
しまいに押尾っちは、日本語まで片言になってるし…(笑)。
当然の帰結として、片言と片言同士の会話となると、
普通~の話でさえ、「おかしな」ことになっちゃうわけですね(^_^;)

しかし、ジェイクは優しいのか、どこで出たか忘れた会話ですが(汗)。

ジェイク「デモ…押尾サン、エイゴ、トテモジョウズ…」
(後ろに「・・・」は入ってましたけど(笑)。)
押尾「・・・・・・(苦笑)」
会場、思わず…というか堪らず(^-^;)大笑い…なんて図もあったりしました(^▽^;)
ニコニコ笑ってたけどジェイク…実は結構オニ(笑)なん?!

これより前にだったかもしれませんが、話の流れから言って、
多分会話を何語でするか、という話の前後だったかと思うのですが、
ジェイクが一生懸命日本語の勉強してる(エライ!)という話から…
押尾「ひらがなで、“じぇいく・しまぶくろ”って、書ける?」
ジェイク「…(困ったように)マダ…」(そら無理だわな~(^_^;))
自分がちょっと書けるからって(笑)、ジェイクをいじめたらあかんで~!(笑)
困ってるジェイクが可愛かったので、許すけど。←おい。

そしてそんな噛み合わない通じ合わない会話(笑)だからこそ(?!)、
後々曲間のMCの中で、

押尾「恋って…いいよねえ…」(何か、ここキャラが変わってはりました(笑)。)
ジェイク「…?」
(状況掴めてない(笑)けど、ニコニコしてるジェイク、ああカワユス~!)
押尾「恋って…わかる?」
ジェイク「コイ? …ア~、サカナ?」 >゜)))彡 ビチビチ…

・・・ってそりゃ「鯉」やがな!!!(爆笑)
ジェイクのナイスボケに、会場大ウケの大喝采でしたとも…!!(^▽^)
そんなボケまで会得しちゃって、吉本にスカウトされたらどーすんの?!(笑)

というような迷場面(笑)も生み出すことになったのでした…♪(^m^)
自分の素質(笑)を知ってか知らずか、ジェイクはひたすら笑顔。
ここは今思い出すだけでもジェイクに胸キュン(死語?^^;)になれます、はい。

で、爆笑MC(笑)もさることながら、肝心なのは演奏なんです!!(^_^;)
どっかで(汗)一度ジェイクは引っ込んで、再度登場ということになりましたが、
もうほとんど出ずっぱりで、セッションに次ぐセッション、
コラボに次ぐコラボをいーっぱい見せて聴かせてくれたのです!!

ここから先は、今度こそ(!)曲順に沿って感想を…

♪渚
ジェイクは、「ナギサ…Oh~、small wave♪」と何だか嬉しそうに連呼(笑)。
押尾っちは多分、ちょっとニュアンスが違うとそれを修正したかった…
ように私には見えたのですが、勿論出来ない…(^^;)
ジェイクの横で何だかブツブツと言ってました(笑)。
その間も、「small wave♪」を楽しそう~に連発してるジェイクが
余りに可愛かったので、押尾っちの発言はまったく憶えてない…(^^;)

♪don't break your heart
ジェイクの曲で押尾っちが大好きなので、選んだという。
「鯉」発言(笑)が出たのは、確かこの曲前MCの時だったと思います。
所謂「失恋」の曲…という話が、「鯉」になってしまうとは…(笑)。
で、この曲は、押尾っちもウクレレで弾いてくれました!!
確か、せっかくジェイクとやるんだから、とかなんとかいうことで…
しかし、例の(?)青いウクレレ…を押尾っちが持つと。
弾き難いんとちゃうの? と心配になるくらい(^^;)、ちっちゃく見える。
必要以上にちっちゃく見える~…(笑)。
いや、アレがウクレレの本来の大きさのようなんですけど(^_^;)
というワケで、押尾っちがウクレレを構えると会場から思わず笑いが…。
そこで、ジェイクの大きめウクレレと2人で比べっこ♪
(ジェイクのは、「テナーウクレレ」なんでしたっけ?^^;)
か…カワイイがな~!!!(≧▽≦)
ウクレレもなんですが、(あの時点では)40歳と31歳が…♪(笑)

♪piano-forte
ここから押尾っちの楽器が成長(笑)していきました。
森田さんが持ってきたのは…
何と、パプースじゃないですか~っ!!Σ( ̄□ ̄)
フェスで『カノン』を弾いてくれたときに、このギターで他の曲も聴いてみたい、
そんなことを思ったのですが…まさかこんなすぐにその願いが叶うとは…
と思うだけで胸がいっぱいになってしまったのに。
「フォルテ」は、音楽用語で「強く」という意味ですが、
この2人の場合の「強さ」は、「根底に流れる優しさ」があってこそ。
2人の指先から紡ぎ出されるやわらかく温かい音で奏でられる
美しい旋律に耳を傾けながら、そんな風に感じたのでした♪

♪黄昏
押尾っちのギターは更に進化(笑)して、勿論ここはオジイサン♪(≧▽≦)
何じゃこりゃ、こんな贅沢な『黄昏』聴いたこともないわ~!(T□T)
と、泣きたくなるほど素敵…でしたとも、ええ。
ジェイクの手にかかった『黄昏』は、美しくも爽やかに情熱的でした。
見たことないけど(^^;)、「ハワイのトワイライト」を思わせられるような…

♪Destiny
押尾っちのギターは、ここで成長はストップ(笑)。
確か、いつもの、確かグレーベン…のどれだったかも忘れましたが(汗)。
ともあれ見慣れたサイズ(笑)に戻りました。
曲毎に大きくなる(笑)ギターを押尾っちが装着(って…)してる隣で、
自分のウクレレといちいち比べっこ(笑)する姿が可愛かったジェイク~♪(≧▽≦)
も~勘弁してほしいくらいカワイイっすよ、ジェイクてば…(T▽T)
ウクレレの音が加わる事によって、この曲も随分と様変わりして聴こえました。
激しさとか熱さの中に、一陣の清涼な風が通るような…

♪Ichigo Ichie
ジェイクの、日本への深い愛情と、日本人以上にさえ思える、
日本情緒をしみじみと、つくづくと感じさせられてしまう曲ですが、
2人して、そんなに温かく弾かないでほしいとさえ思うような。
「音楽」という道を通じた2人の「一期一会」、
そんな2人と出会えた私たちファンの「一期一会」…
もはや何の言葉も必要なく、ただ聴き入るのみでした。

♪Yeah!
押尾っちの合図で、ジェイクも一緒に皆で「伸び~」(笑)。
「伸び」はジェイク初体験だったようで(笑)、楽しそうでした♪
ジェイクのツアーでも大いに盛り上がった曲でしたが!
いんやもう、会場も2人のテンションもボルテージも最高潮の真骨頂!!
ってなくらいに、大いに大盛り上がり(!)でした、もう…!!

♪In My Life
これは…もう何をいう事がありましょうか。
CD音源に閉じ込められてた2人の呼吸と空気感、そのまんま♪
色んな「My Life」を思いながら、聴かせてもらいました。

♪Big Blue Ocean
ジェイクも一緒に…は無理でしたが(^_^;)
ハイ、勿論サンケイホールブリーゼでも大波発生~♪
そーいえば! 押尾っちはブリーゼ開場初の日本人ライブだったようですね。

♪LAST CHRISTMAS
ラストにはしたくないけど、クリスマスソングを、ということで。
でも、ちっとも寂しさのない「ラスト」ではありました(^^)

やっぱり、「ラスト」じゃ終わらなかった!
押尾っちも、もっとジェイクと弾いていたいってことで!(≧▽≦)

♪Happy Christmas
演奏始める前に、押尾っちから皆でサビの部分を歌ってほしいというお願いが♪
で、その指導は「ハミングで」だったんですけど、
歌い出したのは、「ラ~ラ~ラ~ラ~」…って、それハミングちゃうやん…(笑)。
てな思わずツッコミ場面はありましたが。
全員でサビを歌って、泣きそうなくらいの「Happy」に会場が満たされてました…
「one more」で、何度も繰り返して繰り返して、
終わりたくない、終わってほしくない、そんな「Happy Christmas」でした。


笑顔と拍手と大歓声でジェイクを見送った後の、
押尾っち1人でのアンコール。
「ずっとずっとこうしてたい」と言って弾き始めてくれました…

♪ずっと・・・

「今夜の幸せで温かな気持ちを壊したり失くしたりしないように、
ずっとずっと大切にしたい。」
あの時の『ずっと・・・』を思い出すと、今でもそんな気持ちになれます。



以上、何だか後の方は駆け足みたいな記述になってしまいましたが。
これにて、「備忘録」を終わりと致します。
ここまで読んでくださった方々、ありがとうございます。
ホンマただダラダラ長いばっかりで、すみませんでした…(>_<)

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://obln.blog50.fc2.com/tb.php/128-8e6d2178
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。