Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASKAさんと太郎ちゃんと押尾っち♪

Posted by Ranko on

今日、めでたく(?)情報解禁ということで…♪
あ、ASKAさんのアルバム情報が、ってことですね(^^;

先ほど、ASKAさんがFM802に生出演♪
で…『201号』をオンエアしてくれました~~~♪♪♪(≧▽≦)
ASKAさん曰く…「好き勝手にやる連中ばかり集まるとヤバイ」
レコーディングやったらしいです。うん、何か目に浮かぶ(笑)

情熱大陸の東京で披露されたというこの曲ですが…
流石はASKAさん!!!!!
太郎ちゃんのバイオリンと押尾っちのギターと、
ASKAさんの声という3つの要素だけでこんなにゴージャス!!
という音を聞かせてくれますね♪♪♪o(^-^)o
LIVEテイクみたいな気楽な雰囲気を漂わせながら、
それでいてちゃんと、音に「こだわり」が聞こえるんです!!
なんて凄い!!

これは、11月3日に発売になったら「買い」でっせ~~~♪♪♪♪♪(≧▽≦)

んで…これで押し弾きにASKAさんゲストの夢が、
グッと現実味を帯びてきましたわ~~~♪♪♪(*^m^*)
…と、勝手にワクワクしております(^o^;

関連記事
スポンサーサイト

直ちゃんに花菜ちゃん♪

Posted by Ranko on

今、私の部屋で専らヘビロ中のアルバム、
「あらゆるものの真ん中で」、そして「花菜~My Favorite Things~」
のことであります♪

コレがまた偶然にも、アルバムの参加ミュージシャンで
二人が繋がってるから面白い!!
それは、ベーシストの渡辺等さん(^^)
そうそう♪ 今回直ちゃんのツアーバンドのベーシストさんですよ!
って、今花菜ちゃんのライナー見てて、初めて気づいたのでした…(苦笑)

しっかし花菜ちゃん、またえらいこと豪華なメンバーで…( ̄□ ̄;)!!
聴いてて目移り…いや、耳移り(笑)して困っちゃいますわ~(>_<)
(知らんがな! って?(笑))

且つ、その参加ミュージシャンの担当曲が、ドンピシャリー!
『あなたのその笑顔はいいヒントになる』(長いで~花菜ちゃん^^;)が、
ソルトこと塩谷哲!!!
『花』(短っ(笑))が、おおはた雄一!!!
…この、おおはた君の(多分^^;)ワイゼンボーンの染み入る音の後に、
流れとして、押尾っちとの『トイレの神様』が来る訳ですよ………

とてもやないけど、泣かずはにおられませんがな………(T_T)(T_T)(T_T)


今の花菜ちゃんを作り上げた、この『トイレの神様』という、
タイトルだけ聞くとちょっとびっくりするような曲を
初めて聴いたのは、今年明けてすぐのこと。
忘れもしない、真冬の寒い朝の7時ちょっと過ぎにヒモジャムで、
「全部流すと11分もあるけど、聴いてみて」と流してくれたのでした。
11分も聴いてると思わない内に時間は過ぎていて、
私は泣きはしなかったけど、何だか寒さを忘れるような
温かい気持ちになった事を覚えています。
あの後、BBSの反響も凄かったみたいで…

この歌の良さは「世間にありがちな」、祖母と孫の関係が、
ごく普通に歌われてるところなのかもしれないと思う。
いつの間にかすれ違って、離れて暮らすようになって、
「入院した」と聞かされて帰って来たけど、結局おばあちゃんは死んじゃって…
聴いてる内に、そういうストーリーは見えてくるんだけど、
やっぱりそういう展開なんだけど…
だからこそ、「まるで自分のことのように」思えてきて
すんなりと心に入り込んでくるのかもしれない。
この歌の花菜ちゃんと同じように、「おばあちゃんっ子」だったという人は
例え、別におばあちゃんと仲違いしてた訳じゃなかった、という人であっても
何かしら心の琴線にこの歌の物語が触れるようで…
かく言う私もその1人なんですが。
今回、押尾っちのギターの音だけで歌い直された、
よりシンプルな『トイレの神様』を聴いていて
そんな風に感じたのでした。

花菜ちゃんの歌い方も、すごくシンプルで、それがまたいい。
ただ、おばあちゃんへの感謝の思いだけが込められた素直な歌声。
“植村花菜”というアーティストのそんな歌唱力が
紛れもなくこの歌の力なんだと思う。
もし、感情移入して歌われたら…多分私は聴けないだろうな、と…

デビュー曲の『ミルクティー』を聴いたのが、5、6年前?
大変申し訳ないことながら、その頃にこんなブレイクが来るような
歌手だとは思ってませんでした(汗)
ええ、コーちゃんも直ちゃんもですけど。(先見の明が0なもんで…)
それはともかく(-_-)

こうしてこの歌がブレイクしたのは、この歌が人の心から心に伝わる。
そういう歌だったからなんですね。
直ちゃんの『さくら』も、そうやって全国に広がって行ったっけ…
おっ、こんなところでも共通項が♪(^^)v
…また話逸れましたが(汗)
何かでもね、こんな風に売れても花菜ちゃんの歌はこれからも
変わることなく「率直」「素直」であり続けるんだろうなって思えます(^^)

携帯でチマチマ書いてるんで、余り長い文章は打てなくて、
『トイレの神様』1曲に絞ったような感想しか書けてませんが、
ホンマはこのアルバムに詰まってる曲全てに、
「花菜ちゃん、ホンマにありがとう」って伝えたい。(^-^)
あ…そういえば、『ありがとう』も入れてほしかったかも(笑)



最後に話はちょっとネタになりますが…(^^;
CDショップでこのアルバム買った時、渡された袋がえらいデカくて!
CD1枚に、何でこのデカさ?!Σ( ̄□ ̄;)
と思ったんですが、とにかく帰って袋開けたら、まあ♪
ギブソン抱えた花菜ちゃんのクリアファイルが入ってる~♪♪
ラッキー!(≧▽≦)
いや、入れてくれてるところ見てなかったんで…(^^;
そして今になって、はっ…( ̄□ ̄;)!! と気づいた事が。
あ、あの場(CDショップ)で店員さんに、「小さい袋に変えて下さい」
って言わなくて良かったーー( ̄□ ̄;)!!
…と、心底思ったのでした……

関連記事

直太郎@岡山♪(注:多少ネタばれあり)

Posted by Ranko on

行って来ました~♪♪♪(≧ω≦)

お陰で、丸亀にも行きたくなりました~(^^;
ああだって、選曲と構成が余りにも個人的ツボで…!(><)
ずっとLIVEで聴きたかった、『トニー・マイフレンド』!
よもや今になって聴けるなんて!!
この曲、最初にタイトル知った時は、はっきり言うて
「……( ̄~ ̄;)」という感想(?)やったんですが、
聴いてる内にどんどん好きになってった曲でした。
私の場合直太郎の曲は、そんなん多かったりします。
今回の『グングルパーニャ』なんかも、正にそんな曲。

最後に『さくら』はズルいわ~直太郎~~~!(知らんがな…)
思い出がドーッとよみがえってきて、思わず泣いてしもたがな……(T_T)

『夏の終わり』は歌い方変わってて、ちょっとショックでしたが…(;_;)
しかし…今更ながら声が力強くなったな~と。
懐かしい曲も、随分印象が変わって聞こえました…


相変わらず、支離滅裂(自己申告(笑))なMCもO脚も(笑)、そして
奇妙(失礼^^;)な手振りや足の動きも健在で…!
情熱大陸は、スクリーンで殆ど上半身しか見てなかったんで(苦笑)
今日は、久々に行ってみたろか~! くらいの軽い気持ちで参加したのに…
見事してやられた~!!(^o^;

また、と行きたい(もっと見たい、聴きたい)という
気持ちにさせられました!
完敗やわ、直ちゃん!!


んで…今日はお連れさんもいらしたのに、
私に半日お付き合い頂き、
超美味なうどんを食べに連れてってくれたうんぎゃる様♪
誠にもってお世話になりましたm(__)m
お陰で、更に充実した日になりました(≧▽≦)

関連記事

踊るギタリスト誕生?!

Posted by Ranko on

…かと思ったがな。
「ダンサー・コータロー」はKOTAPA限定メンバーやったハズちゃうん?
ついに、その全容(?)を世間に公表するのか?!
…いっそそうなら、最高のネタになりそうですが、
「後ろ歩きマリオ」(MOONWALKとも言う。)じゃ無理がある…?

などと考えてしまった、コータロー音楽事務所からの、
「EXILEのシングルに参加」NEWSでした。

関連記事

「あらゆるものの真ん中で」森山直太朗

Posted by Ranko on

今更過ぎやろ! ってツッコミはごもっともですが、ご容赦下さいましm(__)m
何しろ来週はいよいよ久々に直太郎ツアーに参加するので、
直ちゃんモードなんです♪←単細胞なもんで…

いやぁ、このアルバム、これまた久々に、ストライク来ましたよ…!
できればサッカー風に例えたかったけど、無理なんで…(苦笑)

勿論、あくまでも個人的感覚ですが、ものすごく「直太郎」時代の匂いを感じる。
具体的にどこが、と訊かれると答えるのは難しいですが…

『夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている』(長いっちゅーねん!(苦笑))とかね…
『ラクダのラッパ』『グングルパーニャ』辺りは、
「そんなにとんがらんでもええやん」(by押尾コータロー)(笑)って頃の感覚が聴いてて蘇ってきたり。
『グングルパーニャ』のイントロなんて、何か知らんけど思わず
直太郎、ズルいわ…
などと呟いてたりしてました(^-^;)
(この曲だけとちゃいますけど)パーカッションが、またろうさん!
ええやんええやん、この幅広さ♪

ツアーは、石川さんやまたろうさん同行!って訳にゃいかないでしょうが(^^;
ともかく、この曲達…直太郎流なら、楽曲達かな…を、
生でじっくり聞かせてもらうのが、実に楽しみになりました(^^)


アルバム聴いた勢い…というか、単なるテンションの高さで(^^;)
押し弾きの直太郎を聞き直してみたり。
…今回はヒモジャム出演時がちょうど入院中で録音出来ず、
それがかえすがえすも無念(T_T)
話戻して(汗)
改めて聞き直すと…せめて1時間時代、できたら3時間時代に、
もっと話を聴きたかった気もしつつ、且つ二人の距離感を思うと、
この、付き合いも10年近くなった今のタイミングで聴けたから
良かったんかも? とも考えもし…
スタイルがかなり違うから、押尾っちも言うてましたけど、
「一緒に何かやろう!」という雰囲気はない二人ですが(寂しいかな…)
性格…というかキャラクターというべきなのか、
どこか根底に流れるモノに、似たものを改めて感じました。

だからね~、やっぱり今度は是非にも
「生」で!!セッションを聴いてみたい!!!
…というのが、強ーい願望になってしまったのでした……

見られるんなら、どこでも追っかける………かも…(^^;)
いや、北海道とか沖縄とか言われたら、ちと困るものが…(苦笑)
(実現もしない内から困らんでよろしい!)

関連記事

阪急西宮ガーデンズ

Posted by Ranko on




久々に……ぶっちゃけ言うと、去年のあの!(?)押し弾き公録以来なんで
↑証拠写真(笑)(日付がですね)
てことはですよ、ほぼ10ヶ月ぶり(^^;に、行って来まして。

…んで、やっと開店の「TREASURE」も聴いて来ました~♪
え? 遅過ぎる?
だ、旦那、そいつぁ言わねぇ約束ですぜ(汗)(誰やねん…)

ん~しかし…
開店時間と同時に鐘が鳴り、その後に流れ出す訳ですが…
アナウンスの声に掻き消されて、微か~にしか聞こえへんがな~!(苦笑)
お客さんのざわざわも多少あると尚更(^^;

ま、しかし2年近い歳月を要しましたが(苦笑)、ようやくお務め(!?)を果たし、
せっかくなんで↑のサインを頂いた思い出の場所(笑)も訪れてみました(^^)
ここで全くの偶然にさんぽさんに初対面!という出来事もあり、
腕を掴まれて、失礼な程おののいてしまったのも、懐かしい…
今更ながら、その節は大変失礼を致しました~(汗)
10ヶ月ぶりに行ったスカイガーデンは、子供のプレイランドみたいな施設も出来てますね!
あの日も11月も終盤というのに、暑いくらいの陽気でしたが、
今日は正に「暑い暑い!」夏の終わり…(9月中旬と言えども)
例の噴水には、やっぱりお子さんが突入中でありましたとさ♪(笑)
因みに今回は女の子でした(^皿^)

写真撮ったんですけど、ちょっとアホな事してデータ消失してもうた…(T_T)

まーさーに、「そやから何やねん?!」って話なんですが(^^;
ま、その、押尾っちファン(一応)としては、ご報告ネタかな~とか………
あー、そうそう、またここで公録やってくれたら嬉しいな~
…な、何かもっそ「付け足し」っぽい………

はい、ほな、さいなら~(敵前?逃亡)

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。