FC2ブログ

Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

まだ読み始めたばかりなんですが…

Posted by Ranko on   4 comments   0 trackback

ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2006/04)
垣根 涼介

商品詳細を見る



何やら早くも、えらいモノを感じております…。
「読んでみたい」と思ったきっかけは、
ハロハロさんのこのエントリーを読んだことでした。

で、早速本屋に足を向け、幻冬舎文庫の棚で見つけたこの本は…
久々に読み甲斐のありそうな厚さ!( ̄△ ̄)
しかも上下巻ときたもんだ。

でも、殆ど躊躇なく2冊とも棚から抜き出してました♪

本屋で膨大な量の本達の表紙や背表紙に囲まれると、
本能的(?!)にハイテンション状態になってしまい(^^;)、
(これは、CDショップでも起こる現象である…汗。)
他にも色々と買い込んで(といってお他に2冊ほどやけど…)しまったので、
今日仕事の休憩時間を利用してようやく読み始めて、やっと100頁ちょっと。
(読むスピードもえっらい衰えてしまったもので…トホホ。)
しかししかし…既に、思わず目を背けたくなるような、
それでいてぐいぐい引き込まれてしまう、そんな魅力を感じております。

この先、どんな風に話が展開していくのか…
じっくりと楽しみたいと思っております。
ハロハロ姉さん、ええ本教えてくれて大感謝ですわ~♪

関連記事
スポンサーサイト