Optimistic Blog Life Neo

Rankoのお気楽主義Blog。 趣味の音楽話をメインに、日々の徒然や独り言なども少々…

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by Ranko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさしく『Crazy 'bout you』。

Posted by Ranko on

注:森大輔くんにつて、またもや語ってます。
    語りが苦手な方や森大輔に興味ない方は、スルー願います。



ああ、何て今の私にぴったりのタイトルの曲を作ってくれてたんだ!!

ずーっと、「OPUS ONE」と「the PRESENT」の交互を
ヘビーローテーションして聴いてる有様。
デビュー2曲目のシングル『Rain』で出会ってから7年経って、
ずっと種火だったのが、いきなり何か引火したらしく、
「森大輔・love」方向に、暴走、驀進中なんでありました・・・

ごめん、押尾っち・・・(苦笑)
でも、12月のフォーラムはちゃんと行くからー!!
(「行くつもりにしてる」というほうが正しいですが・・・
そのテンションはちゃんと残ってるから、まだ大丈夫、なハズ。(汗)


・・・こういう、所謂「盲目状態」(苦笑…)になっちゃってるときってのは、
恥ずかしながら、自分で自分のこともよく見えてないわけです。
なので、「何で?」っても、理由の分析が正確にできないものなんでありますが・・・

今回は、珍しくもわかったような気がする。


先ずは、崇拝してると言ってもいいDJ・ヒロTが推挙してる、
てのも大きい要素ではありますし。

私はもともと、「好きな楽曲」はメロディから入ることが多い。
洋楽なんかその顕著な例になるんですが、歌詞のヒアリングできないから(泣)、
入りはもっぱらメロディ頼りになってしまうわけですね。
洋楽の場合は、曲のタイトルから入ったりもするんですけど。
歌詞は、ものにもよるけど、割とどうでもよかったりもするのです。
「あ、この曲のメロディ綺麗でええな~♪」とか言った具合に。
それが高じて、「インスト好き」たる所以とも言えるわけでして。

で、森くんの作る音楽・・・楽曲というのが、これが、
メロディ重視で聴いて、ポイントはきっちり外さないものなわけです。
つまり、歌詞のないインストとしてでも十分に聴き得る対象になる、と。

例えば、「OPUS ONE」に入ってる『Silver Shadow』。
この曲にはわずか3行ほどの短い歌詞しかついてなくて、聴いてて思わず、
「これ、別に歌詞要らんのちゃうん?!( ̄Д ̄)」
とまで思うくらい、インストゥルメンタルとしても完璧の一言。
森くんの弾くピアノの疾走感、コーラスのスキャット。
この二つだけで、十分以上に「silver shadow」というタイトルの
イメージが鮮やかに表現されてるんです。


それに加えてアレンジ力。そして、カバー力。
この二つは、押尾っちとも共通するところなんですけど。
両方ともに、「原曲の解釈力」と言い換えてもいいかもしれない。

カバー(そのアレンジ)ってのは、原曲に忠実というのも一つの手法ですが、
原曲を一度壊してしまって、新たな曲に創り換えるものでもあります。
それが出来るには「原曲を解釈する能力」が必須。

押尾っちの場合、その代表たるのが『戦メリ』、そして『ボレロ』。
(因みに個人的には、『ジュピター』も入ると思ってます・・・)

森くんの場合、カバーは単独ライブでは定番でやってたみたいですが、
音源として聴けるのはめちゃくちゃ限定されている。
しかし、「the PRESENT」のTR9『枯葉』。
これはYouTubeには残念ながらないけど、ニコ動で見つけたのです!
upしてくれてた方、素晴らしい~~~!!!
この↓↓ 2曲目に流れます。


【ニコニコ動画】森大輔 アンケート




1曲目は『ただ ただ』のピアノバージョンですが、
これもまた、インストとして聴ける出来栄えを証明してくれてます。
ニコ動なんでコメントがアレですが・・・(苦笑)
ま、ニコ動はそれが面白いんで、それ込みで楽しめるな、と。

『枯葉』ってもとはシャンソンですが、どっちかというとジャズの
スタンダードナンバーとしてのほうが知られてるかもしれないですね。
森くんは、この曲を「ポップスにしたかった」と言ってます。
「有言実行」てヤツですよ。
テンポ、リズムを変えるだけじゃない、使う音によっても全く違うものになる。
これだけの「崩し」を加えてこのクオリティには脱帽しました。

てことで(?)、定番の『枯葉』も・・・阿川泰子さんのバージョンで。






そして、ドビュッシーの『月の光』。






こういうクラシックのスタンダード曲というのは、余計力量を問われると思う。
クラシックの解釈って、ポップスとは相容れない気がするし・・・

この時点で、まだ30歳前ではあるけどクラシック歴としては、
3歳からピアノを初めてもはや20年選手。
それだからこそ、こういうことも出来たのであろうと。
「基礎の力」というものも見せてつけてくれます。


・・・といったことを考え合わせると、
自分で自分の今の状況に、大いに納得した次第なんでありました。

森くーん!!
早く本格的に活動再開してーーー!!!(≧Д≦)
・・・で、Twitterもええけど、そろそろブログもお願い・・・(^_^;)

スポンサーサイト

ちょっと塩抜きな話で。

Posted by Ranko on   0 comments

近頃私にしては(割と)塩モード高めなほうでしたんで。

フラプラのアルバムも出たばっかりだし、その話もしたいけど、
今塩以外でモードがかなり高いのが、森 大輔くんなんであります。


昨年9月に活動休止を発表して以来ヘビーローテーションしてます。


the PRESENTthe PRESENT
(2009/06/24)
森大輔

商品詳細を見る
富田ラボとのコラボ曲『雨雲』や、事務所の先輩久保田利伸が急きょコーラスに参加したという曰く付きの『inside U』など、アレンジにしてもメロディにしても、「これはちょっと…」というハズレものが一切無い! 隙のない曲作りのセンスがいかんなく発揮されてて、繰り返し何度聴いても聞き飽きない、素晴らししい出来上がりの1枚です。「超」を付けたいお奨め!



大方の感想はレビューにも書いてる通りなんですけど。
1枚目のアルバム「OPUS ONE」もいいけど、
私個人的にはこっちの2枚目のほうがより好きなんですよね。

作り込んでるのに、音の加工感は全くないし、声は綺麗だし発音もいいし…
声といえば、女性側の気持ちを歌った『Crazy 'bout you』なんて、
歌い方と声も変えてる、そんな細かいテクニックとか。
もう何か憎たらしいくらい(笑)、出来がいいんだ、これがーーー!!!

森くんに関しては、この天邪鬼な私が、
好き故の文句や注文が一切出てこない稀有な存在です。

どないかしてイチャモンつけたろー(…)と思っても、ホンマに出てこない。
ただ、「もっとライブしてほしいー!」とは思うけど…

…あ、1個だけあった!!
PVがちょっとね~、と思う時が…(^_^;)
しかしそれはワーナーのせいであって、森くんの責任ではないか?
それと、髪の毛は短いのも爽やかでいいけど、長いほうがええわぁ
…て、これは単なる個人的好みでした(汗)
そもそも、ビジュアルは無関係でしたね、この際…(苦笑)


話を戻しまして。

私自身は、絶対そのカテゴリーには入らないんですが、
森くんの作り歌う楽曲は、どうやら「通好み」であるようです。
洋楽好きとかR&B好きな人には、かなり受けるタイプの音楽だとも思う。
そっちにも私は全然当てはまりませんが…(爆)

私の場合はまったくもって「woman's reason」としか言いようのない、
「好きだから好き」というヤツなんですけども~…(苦笑)

強烈なインパクトは決してないかも…いや、ないと思います。
でも何度も繰り返し聴き込むほどに、味わうほどに、
ふと気づくと心に寄り添ってくるような、そんな楽曲たちです。



活動休止してはや10ヶ月…
それ以来「the PRESENT」を聴き続けてたり、
尚且つ、過日は森くんのライブを観に行ってる夢まで見て、
自分でもちょっと驚いてるような次第ではあります。

こんなに自分が森くんの活動再開を待ちわびてて、
そして、こんなに森くんの音楽が好きだったのか! と。


例え自分が、めっちゃいいと思っていても、他人様はそう思うとは限らない。
故に私は、「私はこれが好きです」とは言えますが、
「私はこれが好きだから、あなたもこれを聴いてください」とは言えません。

だから、1人でも多くの人の耳に届くことを願うばかり。

もし、万が一、この記事を読んでチラっとでも興味を持ってくれて、
聴いてみようかと思ってくれた方がいれば、それほど嬉しいことはないのですが。



…わー、森くんがブログupしてるー!!
しかもTwitter始めたって!!
勿論フォローするよー

納豆の日、ウルトラマンの日。

Posted by Ranko on   2 comments

そして、
押尾コータロー、
メジャーデビュー10年目の日。


正に光陰矢のごとし。10年ひと昔とはよく言ったもんです。

この10年を仔細に見てきた、とは、口が裂けても言えない私なので、
いざとなって、いったいどうお祝い言うたらええんやろ?!
と、思い悩む体たらくなんでありますが…

10年前なら、Googleで検索かけようと「押尾」と入れたら、
「学」が先に出てきたけど、今や逆になっている!!

…て、そーゆーことならスラスラ出てくるんですけどね~…(苦笑)
アホな(てか、ふざけとるな…)ことはともかくです。(汗)


決して「熱心なファン」ではなかったし、これからもそうなんでしょうが…
熱しやすく冷めやすいところのある私としては、こうして1人のアーティストの
「ファン」を10年近く続けてこられたのは、

押尾コータローの活動が決してぶれないものだったからなんやろな、と思います。
メジャーデビューの前から変わってない、親しみやすさとか。
もう、音楽界でも指折りの存在になってきてるのに、
「とにかくギターが大好きでたまらないニイチャン」(笑)なところ。

この先20年も30年も、ずっとこのままでいてほしいもんです。
うん、多分変わらんないでいてくれると信じてます。

メジャーデビュー10年、本当におめでとう。
今までギターを弾き4続けてくれてありがとう。
これからも変わらず、押尾コータローの音を奏で続けていってください。



ああ、何かやっぱり上手いこと言えなくて悔しいなぁ(苦笑)。
でもとにかく、ギリギリ今日中にお祝い出来て良かった!

明日、HPリニューアルでしたっけ?
今度はどんな感じになるんやろ…めっちゃ楽しみです♪
(て、私のことやから、すぐチェックできんとは思いますが…)


10th Anniversary BEST 発売。

Posted by Ranko on   0 comments

10th Anniversary BEST(期間生産限定盤)(DVD付)10th Anniversary BEST(期間生産限定盤)(DVD付)
(2012/05/02)
押尾コータロー

商品詳細を見る



前のBEST盤「Blue sky」を出したときは、事情も事情やったから
プロモめいたことを一切しなかったのは頷ける。
でも、この度はめでたい10thアニバーサリーなんやし…
と思ってたのに、何故かプロモ活動的メディア行脚らしい情報は、
これまた全然聞かない…何でー?!Σ( ̄Д ̄)

…と密かに(?)驚いておったのですが。
明日、5月2日の発売日。
やっぱり、これには出演してくれるんやね!!

 HIRO T's MORNING JAM 

名伯楽ヒロTは、押尾っちに今度はどんな深い言葉を贈ってくれるのか。
そしてまた、いったいどんな風にいじってくれるのか?(笑)
今から既に明日がひっじょーに楽しみ。



そうそう、今回はやっぱりこれも買っとくかなぁ… 

アコギマガジン




余談ながら…BEST盤のジャケ写のことなんですが。
てっきりこれ↓↓がジャケットなんや!? と早合点して胸躍ったのに、
いざ発表されてみたら、「違うーっ!!」てので愕然としてしまった…
という罰当たりは、やはり私だけだったのでしょうか…??


新プロモ用?


DとJの違いはあれど、グレーベンを抱えてるこの構図。
コレ↓↓を意図してると思って間違いないので、めっちゃ気に入ってます♪


STARTING POINT裏ジャケ♪  一時期は待ち受けにもしてたお気に入り


しかし、このモノクロのて、多分今季(?)のプロモ用写真ですよね。
そういやSTARTING POINTの頃、確かコレ↑がプロモ写真やったような…?
(違ったかもしれません…はっきり記憶にないんですが(汗))

ならば、それはそれでニクイはからいやん♪
ちょっと見直したわ、SME!!(い、いったい何様やねーん!)

今日は直太朗ペンギンツアー@大阪♪

Posted by Ranko on   0 comments

何だかんだと、直太朗も昨年から1ツアー1公演参加が復活…
いや、去年の鳩ツアーは、余りにも選曲と構成がツボにで
丸亀まで遠征しちまいましたがな。
…というか、そもそも大阪でなく岡山まで行ったのだった(苦笑)。

ま、結局直太朗の歌声は私の大いに好みなんですね。
今更それを認めなきゃならんということになってしまって…
どこまでも天邪鬼な性格が災いしとります(汗)。

んなこた、ともかくとしてですね。
過日、我慢できずに(苦笑)ちょこっとネタばれを覗いてみたら、
今回もかーなり好みの選曲っぽい♪♪♪
覗いたけど、幸いにもザル頭なもんで(苦)その程度にしか記憶に残らず、
曲名は1曲は憶えてるけど、他はほぼ真っ白。
(それじゃ何のために見たんやら、わからんがな…)

まぁ、お陰でめっちゃ楽しみにできるんで…意外と便利(笑)


1:風唄
2:愛し君へ
3:今が人生
4:風になって
5:風花

唐突にコレ↑は何か、というと…
昨日(23日)ヒモジャムのイエスタメモリーズのコーナーが、
本日の大阪公演祝い(?)で、直太朗特集やったんです
その、オンエアリストなのですが…

『風唄』『風になって』『風花』…5曲中3曲「風」モノ!(笑)
わざとか偶然なのか、ヒロT?

久々の大阪公演に、これまた久しぶりに独りで行ってきます。
とはいえ鳩ツアーの時の岡山も丸亀も、うんぎゃる殿やk-hamちゃんと
会場まではご一緒してもらったものの席は別々やったんで、
ほぼ単独参加と変わりなしっちゃ無しやったんですけどもね(^^;)

楽しみな中に、怖いのは直太朗の似非関西弁のみ(笑)。
ともあれ、どっぷり直太朗ワールドにハマってきたいと思います

期待してんで~、直ちゃん!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。